treatment-programs.com

脱毛,エステ,クリニック,医療脱毛,

増毛と植毛は何が違う?薄毛を増やす5つの方法についてご紹介します

0

近年男女問わず問題になりつつある薄毛ですが、この対策法には増毛と植毛の2つが代表的な方法として挙げられるでしょう。
しかしいざ増毛や植毛と聞いても具体的にどのような方法かをイメージできる方は少ないと思います。
またかつらなどのイメージが多く、偏った知識を持っている方もいるでしょう。

そこで今回は増毛と植毛の違いについて、そして薄毛改善にお勧めな5つの方法についてご紹介しましょう。
まず最初に増毛と植毛の違いについて確認していきます。
増毛と植毛はほとんどの方が同じだと誤解しがちですが、薄毛の改善が目的な点以外は方法が全く違います。

というのも例えば増毛の場合主に薄毛の改善、また他人へ自然なヘアメイクの外観を重要視した方法です。
しかし植毛の場合は薄毛の根本的な解決を目的とし、短時間での薄毛の改善は余り期待できません。

これは増毛と呼ばれる方法の場合、ほとんどが自分の今ある髪の毛に何らかの細工をして見た目を整える為ですね。
その為いわゆるウィッグやかつらなどは増毛に該当し、短時間である程度の成果を得ることができます。

ところが植毛の場合は自分の毛や人工の毛を直接頭皮に植えるため頭皮に毛根がなじむことはっもちろん、手術をする為費用が結構掛かります。
しかし毛根がなじむ、または成長するため長いスパンで薄毛自体を解決する期待が持てるでしょう。

では実際にどの様な方法があるのか、まずは5つほどご紹介します。

まず最初に増毛からですが、増毛の場合は結毛式増毛法、編み込み式増毛法や接着式増毛法の3つが存在します。
これらの方法はいずれも人工の毛を使用する場合が多く短時間かつそこそこの費用である程度の効果が見込めるでしょう。
また施術自体も頭皮や髪の毛をいじるのではなく、あくまで細工程度のため後遺症や安静にする必要もありません。

薄毛の見た目をとにかく何とかしたい、手術は嫌だけど見た目を取り繕いたいと思う方にはぴったりですね。

そして植毛の場合は地毛植毛、人工植毛の2つが存在します。
この植毛の場合はいずれも自分の頭皮に地毛あるいは人工の毛を植えるため、長いスパンを必要とします。
また手術のため予約や施術時間、また比較的高いコストが必要になるでしょう。

しかしこれらを超えるメリットとして、非常に自然な仕上がりが期待できます。
特に地毛植毛の場合、ほとんどの方が植毛後に髪の毛が定着、成長し薄毛自体の根本的な解決を体感しています。

費用がある程度かかっても薄毛に悩まされたくない、そんな方には非常にお勧めの方法ですね。
この様な増毛、植毛の方法がありますが自分はいまどのような目的で薄毛を改善したいか、この点が薄毛対策のヒントにもなります。
自分の頭皮環境、髪の毛の様子を見てじっくり選ぶことが大切ですね。

Read More

増毛自体の寿命はどのくらい?人工毛と自然植毛の材質と寿命について

0

増毛治療をする際、気になるのはやはり寿命ではないでしょうか。
残念ながら、増毛は永久的な効果ではありません。
今回は、人工毛と自然植毛の材質や寿命についても見ていきましょう。
増毛と植毛は混同されることもありますが、まったく異なるものです。
増毛は人工毛を髪の根元に取り付ける方法であることに対して、植毛は手術などの医療行為となります。

髪の根元に取り付けるため、取りつけられている髪が抜けてしまえば、増毛部分も一緒に抜けてしまいます。
つまり、増毛の寿命は髪が抜ける時ということになるのです。

ただ、もうひとつ寿命と呼べるものがあり、髪が抜けなくても自毛が伸びることによって根元から浮き上がったような状態になることがあります。
この場合、髪の毛が抜けていなくても不自然さしかないので、増毛部分の寿命と言ってもいいでしょう。
人工毛は違和感がないように自然な造りになっていますが、材質はポリエステルやナイロンです。
頭髪にあるキューティクルと似た構造を作ることで、自然の髪に近いツヤを出すことができます。

ただ、材質については金額が大きく関わってくる部分もあり、極端に安価なものだと人工毛だと周囲に知られてしまうほどの不自然なものもあるようです。
自然植毛の材質となるものはありません。
その理由として、自然植毛は人工毛ではなく、自分自身の頭部から採取した毛根組織なのです。
移植をすることから、医師が治療をしなければいけません。

自然植毛の寿命については、基本的に他の髪と変わらないと言われています。
自然植毛をした神は、寿命が来たとしても永続的に生え変わるため、高い効果が期待されているのです。
寿命の差などは、治療費用にも大きく反映されています。
比較的手軽に行いやすい増毛治療は、自然植毛ほどの高額ではありません。
髪の薄さに悩んだ人は、お試し感覚で治療できるくらいの金額です。
しかし、クリニックによって料金設定は異なるので、すべてのクリニックが安いわけではありません。

ただ、自然植毛は痛みとダウンタイムがあり、日常生活にも影響が出やすいようです。
そのため、ほとんど影響のない増毛に注目する人が増えているのでしょう。

増毛に寿命はありますが、治療後に簡単に抜けるほどのものではないと言われています。
少しでも長い寿命を考える場合は、実績豊富なスタッフがいるところで治療を行いましょう。
実績が豊富であれば、さまざまなケースに対応できるためです。

Read More

編み込み式増毛法はウィッグとはまた違うの?やり方や特徴について

0

近年の新しい増毛のスタイルとして、編み込み式増毛法と呼ばれるものがあります。
一見編み込み式と書いてあるのでウィッグなのかと思う方も多いのではないでしょうか。
またその増毛法やメリット、他と何が違うのかは非常に気になる点ですよね。

今回はこの編み込み式増毛法について、またその特徴やメリットについてみていきましょう。
まず最初に編み込み式増毛法ですが、これは厳密にいうとウィッグの装着方法の1種になります。
編み込み式増毛法の特徴、それは頭皮に優しいこともありますが施術中の痛みがないなどストレスフリーな面も併せ持っています。

なぜこのような特徴やメリットが生まれるのか、それはこの編み込み式増毛法のやり方や技術に秘密があります。
最初に編み込み式増毛法では、まず自分の髪の毛へ特殊な技術を使用しウィッグの土台を作成する点から始まります。
この土台にウィッグを装着、その後髪の毛をカットしヘアスタイルをセットする方法が編み込み式増毛法となります。

ストレスフリーかつ新しい技術を駆使して行う、注目の増毛法といえるでしょう。
またこの編み込み式増毛法のメリットの1つとして、耐久性もあげられます。
先ほど書いたように編み込み式増毛法の場合は自分の髪の毛を傷つけずに土台を作成するため、頭皮環境を悪化させません。
しかし土台自体はしっかりと作成されているため、普段の生活でもしっかりと定着してくれます。

更にもう一つの大きなメリットとして自然な仕上がりになる点も大事でしょう。
編み込み式増毛法では自分の髪の毛をベースに増毛をする為、髪の量を平均的に増やしていくことができます。
その為いきなり増える、一部分だけ増えているなどの不自然な仕上がりにはならず自然な外観に仕上がるでしょう。

また頭皮環境を荒らさない、土台を使用した増毛のため通気性が良く、通気性の悪いかつらとは違い肌のトラブルも防げる一面もあります。
更に他のメリットとしてはしばらくの間つけっぱなしでも大丈夫、ずれたりゆがんだりする心配がないなどもあります。
耐久性と合わせて、日常生活で不安な点をしっかりカバーしてくれます。
これは編み込み式増毛法の技術ならではのメリットで、普通にかつらやウィッグを装着しただけではあり得ないメリットですね。

またシャンプー等も普通に行うことができますが、この際は土台をなるべく痛めないように注意しましょう。

最新の技術が使用された編み込み式増毛法、気になる方はぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

Read More

医療用の植毛は一般的な方法と違うのか?詳しくご紹介します

0

薄毛治療の植毛として現在では自毛植毛が主流になっていますが、薄毛治療には医療用の人工毛を用いる医療用植毛も活用できます。
医療用植毛の基本知識に加えて、その特徴や注意点のほか、一般的な方法に当てはまる自毛植毛との違いを見てみましょう。
人工毛植毛とも称される医療用植毛は、医療用に開発された人工毛を薄毛部分の頭皮に移植する施術です。
医療用の人工毛は生体適合性を考慮した合成繊維で作られていますし、表面には頭髪と似たキューティクルを備えています。
頭皮に植え込む人工毛の長さはある程度調整可能で、医療用植毛を取り扱うクリニックなどによっては色の選択も行えます。

もちろん移植する人工毛の本数には制限がありませんから、頭皮の広範囲に植え込んで髪のボリュームアップを目指せます。
医療用植毛の施術を複数回に分けて実践するのであれば、自然に毛髪が増えたように見せることもできるでしょう。
薄毛治療に医療用植毛を用いる場合には、長さがある人工毛を要望する本数だけ移植可能です。
医療用植毛は術後すぐに変化を実感しやすく、施術が成功すると事前に決めておいたヘアスタイルも再現できます。

ただし、医療用植毛で移植した人工毛は時間経過での脱毛を避けられず、術後の状態を維持するためには年1回以上の補毛を要します。
また、医療用植毛の施術費用は必要量に応じて異なり、人工毛の本数が増えるほど費用の負担が大きくなってしまいます。

近年では人工毛が改善していることもあって、拒絶反応が起こる可能性こそ低減していますが、確実にリスクを避けられるわけではありません。
一般的な方法の自毛植毛と比較すると、医療用植毛は施術に自毛が必要ないメリットを持っています。
頭皮に自毛がほとんど残っていなくても医療用植毛は受けられますし、人工毛の定着率は9割以上で生え揃うまで待つ時間もかかりません。

さらに医療用植毛は男女問わずに活用できますが、人工毛の長さは時間が経過しても変わらないので注意してください。
自毛の長さは時間にあわせて長くなるため、髪型を定期的に整えていないと医療用植毛の人工毛のみ長さが短くなる状況が起こります。

なお、医療用植毛から自毛植毛に切り替えるときには、自毛植毛が生え揃う前に医療用植毛の移植毛が抜ける事態になったりします。
自毛植毛を医療用植毛の代わりに活用するのなら、自毛植毛の施術時に人工毛を抜いておかなくてはいけません。
医療用に開発された人工毛を頭皮に植え込む施術が、人工毛植毛とも呼ばれる医療用植毛です。
自毛植毛に使う自毛が不足している際には、移植可能な人工毛の本数に制限が存在しない医療用植毛を役立ててみましょう。

Read More

大手増毛サロンはなぜ人気?主な特徴とメリットについて知っておこう

0

一人ひとりに対して柔軟な対応を実践している大手増毛サロンは、薄毛に悩みを持つ幅広い年齢層から人気を獲得しています。
大手増毛サロンが備える主な特徴のほか、大手増毛サロンを活用する場合の代表的なメリットを知っておきましょう。
病院や専門的なクリニックと比較して敷居が低い増毛サロンは、薄毛を解消する様々な選択肢を取り揃えている増毛メーカーです。

薄毛の原因がAGAやFAGAであれば、AGA専門のクリニックや病院で適切な薄毛治療を受けなくてはいけません。
AGA治療薬を継続して活用する場合や自毛植毛を行う場合には、自由診療扱いなので高額な治療費を負担する結果にもなります。
もちろん薄毛の要因は必ずしもAGAやFAGAになるわけではなく、AGA治療薬や植毛といった本格的な薄毛治療を必要としないケースも存在します。

リーズナブルな金額で薄毛の改善を目指したいのなら、高い技術力を誇る大手増毛サロンの活用が向いているでしょう。
大手増毛サロンにおける特徴のひとつは、確実かつスピーディーに増毛の施術を受けられることです。

人工毛を結びつける増毛の施術では接着剤などを一切使用しませんから、安全安心な技術で髪のボリュームアップを実現できます。
2回目以降のリペアにおいては、伸びた結び目を結び直す作業となるため、自然脱毛を考慮してもリーズナブルに増毛を続けられます。

また、大手増毛サロンは全国展開している特徴を併せ持ちますので、どこにいても時間を確保できたタイミングに通えます。
このほか、来店したその日から増毛を始められることや、定額制プランを選べたりすることが大手増毛サロンの特徴といえるでしょう。
大手増毛サロンでは、総じて無料ヘアチェックや増毛無料体験に応じています。
頭皮の状態や薄毛の原因を無料ヘアチェックで調べれば、自分に適した増毛の施術方法を案内してもらえます。
どれほどの増毛無料体験が可能なのかは増毛サロンによって異なりますが、増毛を試せることも大手増毛サロンならではのメリットです。

増毛は気になる部分からピンポイントに増やせますし、増毛サロンの技術が高ければ増毛の仕上がりに違和感は全くありません。

毛髪製品の完全保証を受けられたり、全室個室でプライバシーに配慮していることなども、大手増毛サロンのメリットに当てはまります。
大手増毛サロンの主な特徴は、リーズナブルな増毛の施術が行われていることに加え、手軽に増毛を始められることになります。
無料ヘアチェックや増毛無料体験などのメリットも得られますので、大手増毛サロンは男女問わず人気を集めています。

Read More

植毛や増毛を行えない疾患や身体症状には何があるのか?

0

薄毛治療の植毛や増毛を行えない疾患や身体症状においては、一般的にどのようなものが知られているのでしょうか?
植毛や増毛の適切な施術方法を見極めるためにも、事前に把握しておきたい代表的な疾患や身体症状を確認してみましょう。
薄毛が起こる要因は多岐にわたりますので、必ずしも植毛や増毛で薄毛の悩み解消を見込めるわけではありません。

毛髪は皮膚に生えていますから、薄毛の原因にはアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎といった疾患も含まれています。
精神的なストレスで自ら毛を引き抜いてしまう抜毛症も薄毛の原因に数えられ、慢性甲状腺炎や肝臓疾患なども抜け毛を引き起こします。

疾患が薄毛の原因として該当する場合には、薄毛治療の植毛や増毛を行っても抜け毛が続いてしまう可能性があります。
短期間で急激に薄毛が進行したのであれば、様々な疾患が心配されるため、病院で欠かさず診察を受けなくてはいけません。
医療行為の外科手術に区分される植毛には、自毛植毛と人工毛植毛の2種類が存在します。

自毛植毛はほとんど心配ありませんが、化学合成繊維の人工毛を移植する人工毛植毛ではアレルギー反応が出かねません。
さらに人工毛植毛は定期的なメンテナンスを要しますし、初回の術後に吐き気や食欲減退といった身体症状が出ると継続そのものが難しくなります。もちろん植毛の術後には頭皮を清潔に保つ必要があり、不衛生にしていれば感染症を起こしてしまう危険性も生じます。

身体症状や感染症は植毛の継続に影響しますから、治療回数が多い人工毛植毛よりも、少ない治療回数の自毛植毛が推奨されます。
人工毛を使って髪をボリュームアップする増毛は、時間経過で劣化するため、メンテナンスに費用と手間がかかる薄毛治療です。
植毛と違って移植こそ要しませんが、人工毛を活用しますので、アレルギー反応が起こる場合には増毛を行えない可能性があり得ます。

また、増毛では自毛に人工毛の重さが加わることもあって、自毛が細すぎるケースでは抜け毛につながってしまうかもしれません。

FAGAに限らず、冷え性で頭皮が血行不良になっている場合にも、栄養不足な髪は細く痩せて育ちにくくなります。
冷え性などの血行不良を起こす身体症状に当てはまるのなら、増毛を行う前に生活習慣を見直す手順が必須といえるでしょう。
アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎のほか、抜毛症や肝臓疾患などは、植毛や増毛をしても抜け毛が継続しやすい疾患になっています。
アレルギー反応や冷え性といった身体症状も影響するため、自分自身の疾患や身体症状を考慮したうえで植毛や増毛を実践しましょう。

Read More

女性の方は増毛や植毛を行う事はあるのか?調べてみました

0

薄毛の悩みを抱える男性が増毛や植毛を実践するケースはよく見られますが、女性の方でも増毛や植毛を行うことはあるのでしょうか?
今回は女性の薄毛が近年増加している理由に加えて、女性が増毛や植毛を行うときに押さえておきたいポイントをご紹介します。
女性の社会進出が活発になった現代の日常生活では、女性がストレスや疲労などを感じる場面が増えています。
栄養バランスが偏った食事や不規則な生活も髪に影響を与えやすく、女性の薄毛は20代や30代でも起こりうる状況になりつつあります。

AGAは一般的に認知されていますが、原因の詳細がはっきり判明していないFAGAも年々増加しているので注意しなければいけません。
これ以外にも女性の薄毛においては、急性休止期脱毛症や慢性休止期脱毛症のほか、脂漏性脱毛症や牽引性脱毛症といった原因が関係しています。

総じて女性における薄毛の原因は男性以上に複雑なため、薄毛の悩み解消に女性が増毛や植毛を行うケースは少なくありません。
薄毛の原因が女性型脱毛症であるFAGAの場合には、AGAとは違って髪の毛が全て抜けてしまうことを基本的に避けられます。
FAGAであれば、頭頂部の薄毛が目立ちつつも、髪の毛が全体的に薄くなり、毛髪1本1本が細くなる症状が発生します。

とはいえ、増毛では自分の髪などに人工毛を結びつけて髪のボリュームアップを実現しますから、女性は増毛を行える可能性が高くなるでしょう。
もちろんウィッグを活用するよりも通気性に優れていますし、薄毛治療の増毛なら頭皮にかかる負担を抑えられます。

増毛した髪にはカラーリングやパーマも施術可能ですが、定期的なメンテナンスが必要不可欠なので気をつけてください。
女性が植毛を薄毛治療の方法として選ぶときには、脱毛症の対処に限らず、理想の生え際も手に入れることができるかもしれません。
生え際の形にこだわることで小顔効果を目指す女性は数多く、自分の印象を自然に変える美容植毛は女性から注目を浴びています。

また、自毛植毛の移植毛は後頭部から採取しますが、髪が長い女性は髪を下ろすだけで採取部位を隠せるので日常生活に支障をきたしません。
自毛植毛で生着した移植毛は半永久的に生え変わりますから、メンテナンス費用を負担しなくても移植毛は自分の髪として扱えます。

ただし、植毛は外科手術の医療行為に該当するため、授乳中や妊娠中の治療は控えることが推奨されています。
女性型脱毛症が起こる原因には判明していない部分が多いこともあり、女性の薄毛治療は男性の薄毛治療よりも複雑化しています。
薄毛治療の増毛や植毛は女性向けの特徴を兼ね備えていますので、女性の薄毛解消には増毛や植毛が大いに活躍するでしょう。

Read More

植毛は実際にどこで行う?病院?クリニック?それぞれのメリットについて

0

薄毛治療の自毛植毛や人工毛植毛を受けたいのであれば、病院とクリニックのどちらを選ぶべきなのでしょうか?
病院とクリニックの違いを踏まえたうえで、病院とクリニックが備えるそれぞれのメリットをチェックしてみましょう。
病院とクリニックの違いは法律で明確に定義されていて、病床数20床以上の入院施設を持つ医療機関が病院になっています。
医師や看護師のほか、薬剤師など、病院においては最低限配置しなければならない人数の規制も存在します。
また、病院といった呼称を用いることができるのは、あくまでも医療法上の病院に限られています。

医療法上の病院に該当しないクリニックは、病院の呼称こそ活用できませんが、クリニックの名称は診療所や医院などでも構いません。
病床数19床以下の医療施設がクリニックであって、クリニックで対応不可能な場合には病院や総合病院が紹介されます。
かかりつけ医のクリニックで専門的な治療を要すると判断されたときには、病院への紹介状を渡されるケースが珍しくありません。
基本的に病院は入院を伴う医療を中心とした医療機関に当てはまり、病院の規模が大きいほど充実した医療機器を完備しています。
病院は重症患者や救急患者に対応できる強みを持ちますし、高度な医療技術を受けたいときには病院が主要な選択肢になります。

外科手術に該当する植毛は病院で行える薄毛治療に含まれ、比較的歴史が浅いクリニックよりも病院は高い信頼性を期待できます。
病院に在籍する医師の経歴や実績を見極めれば、もちろん無免許植毛の被害に遭ってしまうリスクを避けられるでしょう。

万が一の事態や入院にも病院なら対応してもらえますので、何よりも安心感を優先したいときには病院での植毛が向いています。
薄毛治療に特化したクリニックでの植毛を検討している場合には、複数のクリニックに足を運んだうえで植毛の判断を行えます。
植毛の症例数や施術方法のみならず、担当医の力量や治療費のほか、スタッフの質なども比較する手順が欠かせません。

クリニック選びには注意点が多いものの、クリニックに応じて培った知識と高度な技術に基づいた独自の植毛が実践されています。
インフォームドコンセントを重視するクリニックならば、植毛以外の最適な治療法を提案してもらえるかもしれません。
病床数20床以上の入院施設を持つ医療機関が病院であり、病床数19床以下の医療施設がクリニックと呼ばれています。
外科手術の医療行為に含まれる植毛は、病院とクリニックのどちらであってもメリットを得ながら受けることができます。

Read More

最新治療の毛髪再生医療って何?どんな方法で毛を増やすのか

0

幹細胞を使った再生医療は世界市場規模で拡大が試算されていますし、再生医療の研究では毛髪再生医療の実用化も見込まれています。
最新治療の毛髪再生医療とはどのような医療なのか、毛髪再生医療で毛を増やす具体的な方法などを取り上げてみましょう。
再生医療には、体外で培養した幹細胞を患者に移植する再生医療と、体外で構築した組織を患者の体内に移植する再生医療が存在します。
いずれにしても身体の機能が失われた部分に対して適切な移植を行い、人体機能を回復させる医療技術になっています。

再生医療は失った組織そのものを取り戻せる方法に該当するため、再生医療なら生涯にわたって改善が困難な症状でも回復を望めます。
こうした再生医療技術を脱毛症などの治療に活用する試みが、2020年の実用化を目指して研究開発が進められている最新治療の毛髪再生医療です。

既にAGA治療ではクリニックに応じて毛髪再生治療が実践されているものの、毛髪再生治療と毛髪再生医療は異なるので注意してください。
毛髪再生医療で毛を増やす具体的な方法としては、まずはじめに治療を受ける患者の後頭部から毛球部毛根鞘細胞を含む頭皮組織の採取を行います。
毛球部毛根鞘細胞を人工的な培養で増殖させ、これを患者の薄毛部分に移植するのが毛髪再生医療の基本的な流れとなります。

薄毛治療の自毛植毛では、患者の毛根をそのまま薄毛部分に移植しますが、毛髪再生医療は細胞を増殖させてから移植する特長を備えています。
広範囲の自毛植毛は身体的な負担が大きくなる一方で、毛髪再生医療であれば一部の切除で広範囲の薄毛治療を実現できます。

もちろん1度の治療で健康な毛が継続的に生え続けますし、自分自身の細胞を移植するので拒絶反応が起こるリスクも少なくなるでしょう。
毛髪再生医療が実用化した場合に期待できるメリットにおいては、身体的な負担の軽減だけではありません。
投薬治療と違って男女関係なく治療を受けられることや、様々な脱毛症に対処できることも毛髪再生医療のメリットに数えられます。

ただし、毛髪再生医療は細胞の培養に時間を要するうえに、自由診療扱いを避けられないこともあって、高額な治療費の負担が想定されます。
現在のところ2020年の実用化を予定していますが、実用化の遅れや実用化されないケースなどもあり得ます。
2020年の実用化を目指す毛髪再生医療は、患者から採取した細胞を増殖させて、それを患者の薄毛部分に移植する方法の薄毛治療です。
毛髪再生医療を薄毛治療の方法として活用すれば、男女問わずに身体的な負担を軽減しつつ薄毛の治療を進められます。

Read More

増毛や植毛はプロペシアなどの内服の薬やサプリを飲みながら出来るのか?

0

薄毛の悩みを解消するために、プロペシアといったAGA治療薬のほか、抜け毛予防に適した育毛サプリなどを服用するケースは珍しくありません。
こうした薄毛の投薬治療に限らず、増毛や植毛も薄毛治療に活用したいのであれば、投薬治療を続けながら増毛や植毛を実践できるのでしょうか?
薄毛治療の最も一般的な治療方法として認知されているのが、将来に備えた薄毛の予防も目指せる投薬治療です。
投薬治療で使われる薬においては、脱毛の進行を抑制するタイプの薬と発毛を促すタイプの薬が存在します。

脱毛の進行を抑制する代表的な飲み薬には、プロペシアやプロペシアのジェネリックに加えて、アボルブやザガーロが当てはまります。

発毛を促す主な飲み薬はミノタブになりますが、いずれにしても投薬治療では半永久的な継続を要するので注意しなければいけません。

投薬治療が力を発揮するまで1年程度かかりますし、投薬治療をやめてしまうと再び薄毛が進行する恐れがあります。

薄毛の原因がAGAの場合にはそもそも完治を見込めませんから、AGA治療薬の服用を中止すると抜け毛が始まりかねません。
AGA治療薬のプロペシアは薬効が24時間に限られるため、プロペシアの服用をやめた翌日には少しずつ抜け毛が積み重なっていきます。
もちろんAGA治療薬を服用していても効果を得られない場合や、皮膚疾患などの副作用が現れる場合なども見られます。

AGA治療薬は誰であっても常に服用できるわけではありませんが、AGAは投薬治療の継続が欠かせない薄毛の原因になっています。
AGAでは半永久的な投薬治療を要するものの、加齢にあわせて薄毛を気にしなくなり、AGA治療薬の服用をやめるケースは少なくありません。
AGA治療薬などを飲みながらでも増毛や植毛は行えますので、増毛や植毛を実践する代わりにAGA治療薬の服用をやめるケースも出ています。
移植毛はAGAの影響を受けないこともあって、増毛や植毛を駆使すれば、薄毛の悩みを解消できる可能性は高くなります。

とはいえ、移植毛ではない元々の髪ではAGAの進行が続きますし、増毛や植毛の後にもAGA治療薬の服用が推奨されます。
移植毛だけが残る事態を避けたいのなら、AGA治療薬の服用は増毛や植毛の実践にかかわらず、術後も継続していきましょう。
薄毛の原因がAGAで薄毛の進行を防ぎたい場合には、プロペシアやミノタブなどのAGA治療薬を半永久的に服用する必要があります。
AGA治療薬を飲みながらでも増毛や植毛は行えますが、増毛や植毛をしてもAGAの影響は避けられないので注意してください。

Read More

植毛は薄毛初期?それとも後期が良い?受けるタイミングについて

0

植毛は美容整形などと同様に自由診療として扱われるため、保険が適用されず、全費用の自己負担を要する手術になっています。
薄毛初期と薄毛後期のどちらが植毛の時期に適しているのか、今回は植毛を受けるうえで望ましいタイミングを解説します。
薄毛初期に植毛を受ける場合には、総じて移植毛の本数が少なくなりますので、費用の負担を抑えられるメリットがあります。
移植する範囲が限られることで身体的な負担も軽減されますし、年齢が若ければ移植毛における生着率の高さを期待できます。

さらに薄毛初期なら後頭部の毛髪が残っている可能性も高く、副作用が起こりうる人工毛植毛ではなく自毛植毛を手段に選べるでしょう。

薄毛初期に植毛を行うメリットは多岐にわたりますが、手術後にも薄毛の進行が続いていくと2度目の手術が必要になりかねません。
植毛は薄毛に対する最終治療法に相当しますから、薄毛初期には植毛以外の方法を駆使してみるのも主要な選択肢に含まれます。
薄毛が進行した後期に植毛を受けるのであれば、1度の手術で薄毛初期よりも広範囲の薄毛に対処可能なメリットが存在します。

ただし、薄毛後期といった判断は必ずしも適切なわけではなく、薄毛後期であっても薄毛の進行が既に終わっているとは限りません。
薄毛後期に植毛を実践しても、薄毛が引き続き進行してしまい、2度目の手術を要するケースはあり得るので注意してください。

もちろん薄毛後期の植毛においては、薄毛の状態に応じて自毛植毛が困難となったり、植毛の費用が高額になるデメリットなどが発生します。
外科手術の植毛を受けた後には、薄毛初期や薄毛後期にかかわらず、数日間の休みをとって安静に過ごさなくてはいけません。
植毛は日帰り手術なので入院こそ必要ありませんが、手術後に顔は腫れやすく、術後の患部にダメージが蓄積すると移植毛の生着率も下がります。
移植毛の生着には4日から5日ほどかかるため、植毛を受けるタイミングとしては、1週間程度休みを取れるタイミングが望ましくなります。

とはいえ、真夏の紫外線や頭皮の発汗は術後の頭皮にダメージを与えますので、休みが取れても真夏の植毛ではリスクを避けられません。
植毛を受けるタイミングは自分で必要性を踏まえつつ判断できるものの、クリニックの無料カウンセリングで相談する方法が推奨されます。
薄毛後期よりも薄毛初期のほうが植毛を受けるメリットが多い一方で、薄毛後期なら1度の植毛で広範囲の薄毛に対処できます。
どちらでも再び植毛を要する事態は心配されるため、植毛を受けるタイミングはクリニックに相談しつつ必要性に応じて判断しましょう。

Read More

自毛植毛で失敗はある?失敗例から予防をする方法まとめ

0

一般的な薄毛治療の方法として既に自毛植毛は定着していますが、自分の髪を頭皮に移植する自毛植毛では失敗があるのでしょうか?
事前に把握しておきたい自毛植毛の代表的な失敗例に加えて、自毛植毛を後悔しないための予防策をまとめてみました。
自毛植毛の手術を受けた後には総じて既存の髪における抜け毛が増加しますが、これはショックロスと呼ばれる現象になっています。

ショックロスの医学的な原因は明確に判明していないものの、このようなショックロスは大部分の人に起こる一時的な現象に過ぎません。
半年から1年程度で抜けた髪は元の状態に戻りますし、ショックロスは自毛植毛の失敗に該当しないのでくれぐれも注意してください。

ショックロスがどうしても気になるときには、手軽に活用可能な増毛パウダーで抜け毛をカモフラージュする方法が向いています。
自毛植毛の失敗例としてよく知られているのが、移植毛の生着率が非常に低くなる失敗例です。

移植した毛の生着率は基本的に8割から9割ほどなので、自毛植毛で移植した全ての毛が生着するわけではありません。
とはいえ、医師の技量が不足している場合などには、移植毛の生着率が1割程度にしかならないケースも報告されています。
生着した移植毛が少なかったり、そもそも移植した毛が限られていたりすれば、薄毛に悩む箇所を毛で埋め尽くすことは難しくなります。

もうひとつ、自毛植毛で注意すべき失敗例に当てはまるのは、不自然な仕上がりになる失敗例です。
髪の生え方は人それぞれであり、移植する箇所や選んだ髪によっては髪質の違いや違和感が目立つ結果につながりかねません。
薄毛治療の自毛植毛で移植毛の低い生着率や不自然な仕上がりを避けたいのなら、クリニック選びに力を入れることが大切です。
全国各地のクリニックで自毛植毛は実践されていますが、手術を受けるかどうか判断する前にクリニックの見極めを進めましょう。

これまでの実績やサポート体制に限らず、カウンセリングの内容やアフターフォローの有無などもクリニックの判断基準に該当します。
また、手術前に医師と手術後のイメージを共有しておく手順は、手術後のトラブルを防ぐために欠かせない予防策になります。
ショックロスは自毛植毛の失敗に含まれませんが、自毛植毛では移植毛の生着率が低くなる失敗例や、不自然な仕上がりになる失敗例が起こります。
自毛植毛の失敗を予防したい場合には、クリニック選びに注力するだけでなく、手術後のイメージも医師との共有を済ませておきましょう。

Read More

植毛と増毛ではどちらが薄毛に効果がある?それぞれの即効性について

0

遺伝的要素やストレスなどが原因となって進行する薄毛の悩みを解消するためには、植毛や増毛といった方法が大いに役立ちます。
薄毛の悩みに対する即効性を期待したいのなら植毛と増毛のどちらが適しているのか、植毛と増毛で見られる効果の違いを確かめてみましょう。
頭皮に穴を開けて薄毛が気になる部分に毛を植え込む植毛は、医療行為の外科手術に区分される薄毛治療です。

こうした植毛には自毛植毛と人工毛植毛の2種類が存在し、自分の髪を頭皮に移植する自毛植毛においては薄毛の根本的な改善を目指せます。
自毛植毛で植えた移植毛は半永久的に生え変わる特長も兼ね備え、もちろん自毛を移植するので自毛植毛には副作用がありません。
施術可能な範囲が限られるうえに費用は高額となりますが、自毛植毛は一度の施術で薄毛の悩みを解消できる治療法に数えられています。

自毛ではなく合成繊維の人工毛を頭皮に移植する人工毛植毛は、施術時間こそ短いものの、頭皮トラブルが起こりうる治療法に該当します。
植毛とは異なり、自分の髪などに人工毛を結びつけて髪のボリュームアップを実践する増毛は、投薬や手術を避けつつ髪を増やせる薄毛治療です。

増毛には結毛式と編み込み式のほか、全面接着式があって、結毛式の増毛は自毛に人工毛を結びつけて髪のボリュームを増やす方法になっています。
編み込み式の増毛は、特殊な糸と自毛を編み込んだ土台に人工毛を結びつける方法なので、結毛式と同じく薄毛の状態によっては施術を行えません。

結毛式と編み込み式の施術を見込めない場合には、特殊な薄いシートを用いる全面接着式の増毛を活用できます。
全面接着式の増毛ならセルフメンテナンスも望めるため、薄毛治療の方法に全面接着式の増毛を選ぶケースは珍しくありません。
薄毛治療で即効性を優先したいのであれば、自毛や人工毛を頭皮に植え込む植毛よりも、自分の髪などに人工毛を結びつける増毛が向いています。
自毛植毛は施術範囲が狭くなりやすいうえに髪が生え揃うまで数か月ほど要しますから、薄毛治療の即効性はなかなか期待できません。
人工毛植毛は増毛と同様に一定量の髪を増やせる方法ですが、副作用を考慮すると人工毛植毛ではなく増毛を手段に選ぶことが得策です。

ただし、増毛は選んだ方法に応じて定期的なメンテナンスが必須となり、結毛式と編み込み式の増毛では自毛への負担を避けられません。
薄毛を急いで隠したいときに増毛は重宝しますが、薄毛の根本的な改善には自毛植毛があっています。
植毛は医療行為の外科手術に区分される薄毛治療の方法であり、増毛は投薬や手術を必要としない薄毛治療の方法になります。
いずれにしても薄毛の悩み解消に適していますが、基本的に植毛よりも増毛のほうが薄毛治療としての即効性を備えています。

Read More

老人の髪の毛は植毛や増毛を行っても大丈夫?

0

老人が植毛や増毛を行っても大丈夫なのか、という心配はあるのではないでしょうか。
増毛と聞くと、30代から60代くらいの人を予想すると思われます。
こちらでは、老人の増毛などについて見ていきましょう。
結論から言えば、植毛や増毛に関して問題はありません。
特に、頭皮にタンパク質を冷凍乾燥させたパウダーを直接注入するHARG療法などは、高齢の方などが利用しているケースが多いです。
HARG療法に関して言えば、若い世代の人よりも、高齢の方の方が高い効果を得られたケースもあるようです。

ただし、これはすべての人に当てはまるわけではなく、あくまで一例として考えてください。
高齢者の植毛や増毛が不安視される理由は、加齢による病気などが原因だと言われています。
特に、植毛の方は手術となるため傷口が出来てしまいます。

年齢を重ねるごとに身体の機能が低下して、さまざまな病気に悩まされる人も多いはずです。
病気の種類によっては、植毛や増毛が適さない場合があります。
糖尿病や精神疾患、円形脱毛症になったことがある人などはあまりおすすめされていません。

これは、高齢者だからではなく若い人でも同じです。
ただ、高齢者の場合は先述したようにさまざまな病気を患っている人がいて、治療自体が大きな負担となるケースもあるのです。
しかし、髪の薄さが気になることに年齢は関係ありません。
治療したいと考えるならば、一度専門医に相談をしてみることから始めましょう。

治療を受けるにしても、受けないにしてもカウンセリングが必要です。
薬を服用している場合は薬手帳を持っていくと、薬の飲み合わせなどに配慮してもらえます。
植毛に関しては、高齢者に限らず身体に負担がかかるものです。
麻酔が効いているうちは大丈夫ですが、麻酔が切れると痛みに悩まされます。
傷口がふさがる前は痒みなどにも悩まされるので、日常生活に大きな影響が出てしまうのです。

体力が低下している高齢者の場合、30代から60代の人たちと異なり、負担が大きくなることは考えておきましょう。
AGA治療クリニックの中には、高齢者の治療を多く手掛けているところもあるようです。

不安が少しでも軽減されるよう、実績豊富なクリニックで治療を受けましょう。
クリニックを探す際は、事前に問い合わせをして年齢や状態を伝えてから治療してもらえるかを聞いてみるのも有効ではないでしょうか。
植毛と増毛、どちらを選ぶにしても大きな費用がかかるので、クリニック選びはこだわるようにしてください。

Read More

未成年は増毛や植毛を行ったらだめなの?未成年事情について

0

未成年でも薄毛に悩まされている人がいて、増毛をさせたいと考える親もいるでしょう。
しかし、未成年の場合は増毛以外でもさまざまな制限がかけられてしまいます。
こちらでは、未成年が増毛治療をできるのなどについて見ていきましょう。
結論から言えば、未成年も増毛治療を受けることは可能です。
ただし、それは保護者の同意書が用意できた場合のみなのです。
同意書だけではなく、保護者同伴していないと未成年の治療は受けることができません。
書類だけでは、勝手に出されて提出というケースもあるからでしょう。

若いうちから薄毛に悩まされていると、それが原因でいじめに繋がるケースもあります。
そのため、できるならなるべく治療しておく方ことをおすすめします。
増毛治療サロンの中には、未成年の治療を得意としているところもあります。
未成年の場合、まだ身体が出来上がっていない可能性があるので、実績豊富な医師に依頼しましょう。

ただし、ひとつだけ問題があるとすればAGA治療を専門とするクリニックは未成年の受診ができないところが多い傾向があるのです。
その理由として、経験が不足していることで未成年の治療に自信がない医師も多いからでしょう。
ホームページなどでは何も書かれていなくても、実際に予約をしようとした時に断られることもあります。

そのため、未成年の薄毛治療をする際は、いくつかのクリニックをピックアップしておきましょう。
例え断られたとしても、複数の目星をつけておくことで治療できるクリニックに出会える可能性があります。
ただ、未成年の受診について記載していないクリニックは多いことは覚えておきましょう。
未成年が薄毛の場合、子供はひとりで悩んでしまう場合があります。
子供の知識では、薄毛が未成年でも治療できるということを知らないケースも多いからです。
子供が悩んでいることに気づいているなら、しっかりと話し合いをして、治療を提案するのもいいでしょう。

ちなみに、未成年が抜け毛による髪の薄さを気にしているなら、比較的早く回復出来る傾向があります。
発毛サイクルなども関係しているのかもしれませんが、医学的な根拠には至っていないようです。

とにかく、脱毛に関する悩みはしっかり家族に相談しておくことを心掛けるようにしましょう。
未成年の場合、まだ完全に身体が成長しきっていません。
そのため、薬に頼る治療ではなく、サロンなどでも対応できる増毛を検討してみてください。

Read More

増毛サロンに通おうとする前に知っておきたい事まとめ

0

増毛サロンに通う場合知っておきたいことがいくつかあります。
特に費用や植毛との違いなどは、増毛前に知っておきたい知識です。
こちらでは、通う前に知っておきたいことを見ていきましょう。
髪の増量をするということで、増毛と植毛を混同している人もいます。
似てはいますが、治療方法としてはまったく違うものだと覚えておきましょう。
増毛の場合は人工毛を使いますが、植毛は自分の髪を使うことを前提とした治療です。

増毛にかかる費用としては、メンテナンスや維持費などで年間20万円前後かかると言われています。
増毛して終了ではなく、増毛効果を減らさないためにもメンテナンスが必要だからです。

金銭面に関しては、決して安いとは言えない金額がかかるので、しっかり検討してください。
費用面が気になる人は、カウンセリングの時にでも治療だけではなくメンテナンスにかかる費用なども聞いておくといいかもしれません。
増毛は自分の髪の毛ではなく、人工毛を使うため周囲にバレるのではないかという不安もあるでしょう。
確かに、以前は増毛技術も今ほど発達していなかったことから増毛だとバレやすかったこともあるようです。
しかし、近年は自然の髪に近いツヤを出せるようになっているので、パッと見ただけでは分かりません。

増毛の量なども、自然に髪の毛が増えていくように見せてくれるので、いきなりボリュームが増えて周囲にバレてしまうことも滅多にありません。
装着技術も発達していて、お風呂やプールでも外れにくくなっています。
あまり強くなければ、髪の毛を引っ張られても抜けない場合もあるようです。
手軽に装着できるかつらは便利ですが、日常生活に影響が出やすいデメリットがあります。
外れやすさなども気にする人がいるでしょう。
しかし、増毛は技術発展によってしっかり装着できるのでほぼ日常生活に影響が出ないのです。

そして、もっとも知っておきたいことは、無料体験に参加しておくということです。

特に、増毛経験がない場合は思い描いているものと異なる場合があります。
実際に増毛体験をすることで、薄毛が気にならなくなるのかを見極めることができます。
増毛ブランドごとに異なる強みを持っているので、しっかり比較してから決めるようにしてください。

そして、疑問点は契約前にすべて解消しておくことでトラブル回避につながります。

費用はかかりますが、費用以上の効果が期待されているので薄毛に悩む人は増毛治療を検討してみてください。

Read More

増毛するなら本数の目安はどれくらい?自分の薄毛状態にあった目安設定

0

増毛をする場合、どれくらいの本数を目安にするべきだと思いますか。
基本的に増毛は本数によって料金が変わってくるので、目安本数を決めておくことをおすすめします。
こちらでは、どのくらいの本数を目安に考えればいいのかを見ていきましょう。
増毛の本数に関しては、薄毛の状態によって変わってきます。
生え際のカバーであれば1,500本、前頭部から頭頂部をカバーしたい場合は43,000本から、範囲の広い頭頂部に関しては4,000本程度が目安になっています。

つまり、どの程度の薄毛に悩まされているかで目安本数が変わってくるのです。
薄毛を目立たなくするためには、やはり本数が多い方が良いでしょう。

しかし、あまり多く設定してしまうと費用面で大きくなってしまいます。
会社によって費用の違いはありますが、3,000本の場合は約14万円です。
決して安くはない金額なので、がっつり増やすのではなく薄毛が目立たない程度にしてはいかがでしょうか。

しかも、増毛は一度で永続的な効果が得られるものではありません。
増毛した部分の髪が抜けてしまった場合は、追加で増毛をしないとまた薄毛が気になり始めるのです。
施術後にすぐ効果が実感出来る手軽さがありますが、追加増毛などの費用がかかりつづけることも考えておくようにしましょう。

自分に最適な本数を知りたい場合は、増毛に関する会社に見てもらうことが一番です。
すべてのブランドではありませんが、無料増毛体験サービスを提供しているところもあるので、そういったところで試してみるのもひとつの方法です。
無料体験であれば、費用はかからず、実際に増毛をすることでどれだけ違いが出るのかを見極められます。

カウンセリングもあるので、そこでその人に必要な本数などを教えてもらえるでしょう。
薄毛に見えないふさふさもいいですが、追加増毛のことなどを考えると、高額すぎるのは負担が大きいです。
カウンセリングなども無料増毛体験で受けることもできるので、直接契約する前に試しておくことをおすすめします。

無料体験をした場合、契約を迫られるかもしれないという不安があるかもしれません。
しかし、無料体験と契約は別物なので安心してください。
軽度の薄毛であれば、増毛本数も少ない傾向があります。
逆に薄毛を放置しすぎたことで、症状が進んでいる場合は本数が多くなります。
もうひとつは、自分がどれだけのボリュームにしたいのかでも必要本数は変わってくるでしょう。

増毛会社などには、実際の増毛例などがあるので、それらを見ながら参考にするのもいいかもしれません。

Read More

増毛する方法には薬がある?薬による薄毛治療の特徴を解説

0

増毛方法の中には薬を使ったものもあります。
身体に負担の大きい植毛にふんぎりがつかない人は、まず薬治療から始めてみてはいかがでしょうか。
こちらでは、薬による薄毛治療について見ていきましょう。
一般的に薄毛治療を検討する場合、まず薬による治療を考えるのではないでしょうか。
ミノキシジルやプロペシアなどの名前を聞いたことがある人も多いでしょう。
薬による治療効果はあるのだろうか、と不安になる人もいるかもしれません。

プロペシアは抜け毛を防ぎながら、薄毛の進行を抑える守り系の治療薬です。
薄毛治療の薬としてよく名前を耳にするミノキシジルは、髪の毛を生やして成長させるという攻めタイプの治療薬と言えます。

もうひとつよく耳にするザガーロは、プロペシアと同じく守り系の治療薬です。
どちらのタイプにするのかは、医師が患者の頭皮などを検査してから決めるのですが、ミノキシジルをメインにしているところ、プロペシアをメインにしているところなど特定の治療薬のみ扱っている所もあるので気をつけましょう。

自分に合う治療方法を見つけたい人は、複数の治療薬を扱っているクリニックがおすすめです。
そして、気になる薬による治療効果ですが、個人差があります。
基本的に薄毛治療は投薬治療から取りかかることが多く、薬による治療効果が見られない場合は植毛やウイッグという選択肢から決めることになるでしょう。
ただ、植毛治療は高額になるため、継続して薬による効果を求める人が多い傾向があります。

副作用については、薬である以上ゼロではありません。
薄毛治療に限らず、薬にはどんなものであっても3割ほどのリスクがあると言われています。
つまり、薄毛治療薬だから副作用が出るというわけではないのです。

ただ、他に服用している薬がある場合は、しっかり医師に伝えてください。
薬の中には相性が悪いものもあるので、飲み合わせが悪いことによって、体調に異変が起こる場合があります。

もうひとつ覚えておきたいのは、薄毛治療は命に関わる病気や怪我ではないので保険対象外となっているため、すべて実費となるのです。
薄毛治療はまず投薬治療から始めて、改善されるか、効果がないのかを見極めるようにしましょう。

薬による改善が見られない場合は、医師が次の治療を提案してくれるところもあるようです。
実際に、薄毛治療に薬を使用している人の中には効果があったと答える声も多いです。
そのため、まずは薬治療から始めてみることをおすすめします。

Read More

自毛植毛で起こりうるショックロスとは?予防することは可能?

0

自毛植毛をした際のショックロスはどうやって予防するべきだと思いますか。
こちらでは、ショックロスの原因や予防方法について見ていきましょう。
これから植毛を検討している人は、ショックロスの知識はしっかり学んでおくことをおすすめします。
ショックロスは手術後の一時的な抜け毛のことを指します。
抜け毛と言っても、植毛部分が抜けるのではなく、既存毛が抜けるので手術が失敗したわけではありません。

医学的な原因は分かっていませんが、手術の影響による炎症反応、局所麻酔の影響と考えられています。
炎症反応などで生え代わりの時期がずれてしまい、抜け毛の原因になっているのではないかと言われています。

ショックロスが起こるかどうか手術前に知ることはできません。
同じ理由で薄毛に悩んでいる人でも、ショックロスが起こる人、起こらない人がいるからです。
ショックロスが起こる範囲としては、局所麻酔を打った周辺になります。
一般的に15%前後が抜けて、残りの85%前後は残ると言われているため、周辺全部の髪が抜けるわけではないので安心してください。
回復についても、ショックロスが起こる人と起こらない人がいるように、個人差があります。

治療のたびに程度の異なるショックロスを起こす人もいますが、最終的には抜けた髪の毛も生えてくるので、過剰に考えすぎないようにしましょう。
抜け毛のことを考えれば、それがストレスとなって別の薄毛の原因になりかねません。
楽観的に考えるのは難しいかもしれませんが、これがショックロスか、という程度に考えておきましょう。

基本的に、ショックロスは植毛をした部分のみに起こります。
植毛をしていない部分にはショックロスが起こらないので、髪全体が抜けやすくなるわけではないので安心して下さい。
ショックロスの予防方法として、人工毛のふりかけが有効だと言われています。
人工毛のふりかけを使ったからと言って、それが髪や頭皮に影響することはありません。
一時的なショックロスで薄毛が気になる部分を隠すためのものです。

他には、予防ができるわけではありませんが、ミノキシジルや育毛剤を使うことでショックロスを軽減出来る可能性があるようです。

クリニックによって対策や予防方法が変わってくるため、ショックロスの心配がある人は事前に相談をしておくことで患者の不安も軽減されるのではないでしょうか。
医学的な原因が分かっていない以上、予防や対策もなかなかできないことに医師も頭を悩ませているようです。

Read More

植毛の定着率はどのくらい?定着するまでの期間や正しいケア方法

0

植毛をしたとしても、定着率やケア方法などが気になる人も多いのではないでしょうか。
今回は、植毛の定着率やケア方法をメインに見ていきましょう。
植毛した髪が定着することによって、抜けたとしても永続的に生え続けると言われています。
そのため、薄毛治療としては高い効果が期待されている方法のひとつです。

しかし、植毛治療をしたからと言って永続的な効果が得られるわけではありません。
移植した毛髪を定着させること、これが永続的に生えるための重要なポイントです。

定着率に関しては、明確な数字は出ていません。
なぜなら、治療患者によって定着率などが変わってくるからでしょう。
一般的には5日前後で定着すると言われていますが、個人差があるので確実ではありません。

産毛として生えてくるのは術後3ヶ月前後と言われています。
この時点では、既に定着しているので過剰な必要ありませんが、やはり頭皮に刺激を与えないことは定着後も守っておいた方がいいかもしれません。
定着率は術後にどんな過ごし方をしたかによって変わると言います。
飲酒や喫煙、激しい運動などは植毛の定着率を下げてしまうため、なるべく避けておきましょう。
これらは頭皮に刺激を与えてしまうため、植毛した部分の定着を邪魔しかねないのです。

そして、もうひとつ意外と忘れがちなのが洗髪です。
頭皮への刺激が良くないということは、シャンプーにも気をつけないといけないということです。
植毛後のパーマやカラーリングはもってのほかですが、シャンプー時に強く洗うことによって、頭皮に想像以上の刺激を与えてしまう場合があるので気をつけましょう。
そして、しっかりと定着させるためのケア方法は、頭皮に刺激を与えないように心がけることです。
クリニックでは頭皮を刺激しない洗髪の方法、食生活に関する指導を受けられるところもあります。

正しいケア方法を知るためには、専門家のアドバイスを受けることが一番です。
ケア方法などについてわからないことがあれば、そのまま放置するのではなく、その都度クリニックに相談することをおすすめします。

植毛をした後に気をつけたいこととして、最初の2日間ほどは髪が抜けやすい時期となります。
そのため、強くこすっていなくても抜けてしまう場合があるので、細心の注意を払うようにしましょう。

せっかく植毛をしても、不注意で抜けてしまってはショックも大きくなります。
治療効果を高めるためにも、患者本人が努力をする必要があるのです。

Read More

植毛が出来ない薄毛の種類はあるの?関係性を徹底調査しました

0

植毛を検討していてもできない薄毛の種類があると言われています。
本当に植毛ができないのか、どんなタイプの人なのかを見ていきましょう。
自然植毛ができないケースには、さまざまなパターンがありました。
体質的に髪の毛が細い人は、薄毛ではなく髪の細さから薄く見えるだけという人もいるのです。

他にも、円形脱毛症の人は、自己免疫が関係していると言われていることから植毛に適しません。
なぜなら、円形脱毛症の人に植毛をしても免疫作用によって植毛治療の効果が得られないと言われています。
絶対に植毛治療ができないわけではありませんが、適さない可能性の方が高いのでおすすめされません。

円形脱毛症の人で植毛ができる可能性があるのは、数十年の長い期間が経過しているなどです。
ケースによっては、医師の判断に任されますが、現時点で円形脱毛症が治っていても自己免疫の問題がある可能性がある以上は推奨されないのです。
他には、病気が原因で植毛できない人がいます。
例えば、糖尿病の人は傷の治りが悪いので植毛することによって感染症を引き起こしてしまう場合があるのです。
普通であれば問題視されないことでも、糖尿病を患っている人にとっては大きな問題になることもあります。

精神疾患を持つ人も、植毛はおすすめされていません。
植毛治療は一時的な抜け毛が生じることがあり、それがストレスになることもあるからです。
更に、傷や痛みなどもストレスの原因となり、精神疾患を悪化させる可能性があります。

こういった理由から、病気によって植毛ができない人もいるのです。
病気によっておすすめされていないものは、他にもあるため、もし何らかの病気を患っている人は、事前にしっかり医師に伝えておかないといけません。
植毛が適さないからと言って、植毛を強行してしまうと、最終的に困るのは自分です。
髪の悩みは深刻なものですが、病気は命にかかわるため、決して軽視すべきではありません。
特に、糖尿病の場合は合併症を引き起こしやすい人もいるので、重篤化させないためにも植毛は諦めましょう。

薄毛に関する治療方法は他にもあるので、植毛以外の提案をしてもらってください。
薄毛治療に関して実績が豊富な医師は、患者の状態に合わせた提案ができるので、植毛に限らず薄毛治療をする際は、医師の実績に注目することをおすすめします。

植毛を検討している人は、薄毛の種類や病気との関係性も調べておく、もしくは医師に相談をするなどして植毛に適しているかを診てもらいましょう。

Read More

植毛手術の術後の痛みはどのくらい?植毛方法による痛みの差とは

0

髪の悩みで植毛手術を検討する人も多いですが、痛みに関する不安が大きい人もいるのではないでしょうか。
今回は植毛の方法などと合わせて見ていきましょう。
植毛方法と言えば、FUT法とFUE法の二種類があります。

ポピュラーなタイプはFUT法であり、自毛植毛の施術方法であり、ドナーの頭皮を部分切除して株分けをした後、薄毛部分に移植をします。
メスを使うため、どうしても大なり小なり身体へのダメージがあることを覚えておきましょう。

十分な密度を確保するためには、1回の治療ではなく複数回行う場合もあります。
治療中は頭皮に麻酔を使うので痛みがありませんが、麻酔が切れた後に痛みを感じる人が多いです。
メスを使う手術をしていることもあり、完全回復までには時間がかかります。

麻酔によって抑えられていた痛みが一気に押し寄せてくる人もいるようです。
痛みについては個人差がありますが、手術をする以上、痛みを感じない方法はないと考えておきましょう。
痛みを強く感じる人が多いFUT法と比較して、FUE法は細いパンチを使って毛包を採取します。
そのため、FUT法と比較すると、身体にかかる負担は少ないと言えるでしょう。
治療中は麻酔を使うことで痛みを抑えられますし、治療後の痛みもないケースが多いです。

ただ、先述したように痛みは個人差があるので、FUE法でも痛みを感じる人はゼロではありません。
しかし、我慢出来ないほどの痛みではないので安心してください。

FUE法のダウンタイムは、1週間程度を目安にしておけば問題ないと言われています。
治療後すぐに洗髪ができることからも、身体にかかる負担などは少ないことがわかります。

ただ、定着率などはFUT法に適わない部分もあるようです。
痛みに関しては、治療中だけではなく麻酔にも痛みを覚える人がいるようです。
麻酔方法はクリニックによって変わりますが、基本的には局所麻酔をします。
つまり、頭部周辺に麻酔をかけるため、ちくっとした痛みを覚えたという人が多いです。

麻酔については、滅多にありませんが手術中に切れてしまうこともあるようです。
その時は、しっかりと麻酔を追加してもらうようにしましょう。

特に、FUT法の場合は麻酔なしだと我慢出来ない痛みと言われています。
どちらの治療方法が良いのかは、医師としっかり話し合ってから決めましょう。

痛みの少ない治療方法を求める人は、FUE法にしてみましょう。
ダウンタイムが短いことで、日常生活への影響も最小限で済ませることができるからです。

Read More

植毛の手術はどんな流れで行うの?予約から当日施術までの一連について

0

薄毛の治療として有効な方法の1つである植毛ですが、実際の手術の流れや予約、当日に至るまでを詳しく知っている方は少ないでしょう。
またいざ植毛をしようと思った際に、手術と聞くだけで二の足を踏む方もいると思います。
更に植毛がどのような流れで行われるのかを知れば自分が増毛をするべきか、植毛をするべきかの判断材料にもなりますよね。

そこで今回は植毛の手術、また予約から当日の施術の流れについてご紹介します。
植毛をしようと思った際、まずするべきは予約です。
当たり前ですが植毛という名の手術をする以上、自分も手術する業者も予定や都合が絡んできますよね。

また予約をした際に業者の都合の良い日が自分にとって都合の良い日とも限りません。
というのも施術後はしばらく激しい運動や喫煙などは控える必要があり、もし近い期間にこの様な予定がある場合はなるべく避けた方が無難です。

また移植後は手術ということもあり、包帯などで隠しはしますが人によっては余り他の人に見せたい光景ではないでしょう。

こういった事情から、自分の希望する術日、そしてその前後の予定は念入りに確認することが大事ですね。

予約が終わったら当日、さっそく施術が開始されます。
植毛の施術の細かい点は業者によって様々ですが、ほとんどの共通点として1日で終わり、所要時間は5時間から8時間ほどになる事が多いです。

施術自体は例えば地毛植毛の場合は地毛を移植するため、麻酔等を使用して行われます。
また頭皮を削り取る、メスなどを使用する施術はまずないので安心して施術に臨みましょう。

ちなみに先ほど書いたように施術では麻酔を使用する場合がほとんどのため、麻酔が不安な方や車で来る方は事前に確認しておくと良いでしょう。
そして施術が終了した際、今後の注意点をしっかりと担当医から聞くことが大事です。
というのも施術が終了してすぐに劇的に薄毛の改善になるわけではなく、頭皮のダメージを癒す、そして頭皮に毛根がなじむ期間が必要なためです。
その為施術後は先ほど書いたように激しい運動や喫煙は控え、頭皮が癒えるのを待ちましょう。

更に植毛の場合は施術後の1週間や1か月で目に見える成果が出ることは少なく、長いスパンを見ることが必要です。
その為すぐに生えない、また生えているか不安だと思った際には担当医に一度確認する必要があります。
また植毛を行った場所などは多少なりとも目立つので、ある程度あらかじめ考慮しておくことが大事ですね。

Read More

増毛した髪の毛のメンテナンス方法と専門サロンに通う頻度について

0

昨今、薄毛の対策として非常に有効な増毛ですが、維持するにはメンテナンスや専門サロンの存在が欠かせません。

増毛、植毛したからそれで今後一生大丈夫ということではなく、定期的に良い状態を保つことが重要です。
せっかく増毛してもこのメンテナンスを怠った場合、もう一度増毛をし直すケースも実際にあります。

そこで今回は増毛した髪のメンテナンス方法、そして増毛専門のサロンに通う頻度についてみていきましょう。
まずは増毛後のメンテナンスについてみていきましょう。

そもそも増毛は薄毛対策に行いますが、それでもやはり残っている髪の毛は生えてきます。
しかし伸びたまま放置すると増毛がかえって不自然な形になり、ナチュラルなヘアメイクを維持できません。

この様な事態を防ぐために基本的には髪の毛が伸びているかどうか、伸びた場合はその部分をしっかり確認するようにしましょう。
特に伸びた部分は綺麗に洗浄するとともに、増毛の部分やヘアメイクに影響がないかを確認することが大事です。

日々のメンテナンスとして伸びているかのチェック、増毛が不自然ではないか、頭皮の洗浄、この3つが重要といえるでしょう。

ではこれ以外のメンテナンスはどうするのかと思う方もいるかもしれませんが、その為に専門のサロンが存在します。

この専門のサロンでは増毛自体のメンテナンスや散髪、ヘアメイクをしてくれます。
また頭皮に炎症などが起きた際にも専門サロンでまず状況を確認してもらうなど、増毛後には欠かせない存在ですね。

この専門サロンに通う頻度ですが、ほとんどの場合は月に1回が多いようです。
月に一度確認することにより、頭皮の影響がないか、また次回のヘアメイクはいつにするかなど様々な判断材料になる訳ですね。

ちなみにこの専門サロンの利用料金は1回ごと、もしくは年会費など様々なパターンがあるので、一度確認しておくことが重要です。
またそれ以外でも増毛が浮いている気がする、増毛の土台が少し気になるといった場合には早めに専門サロンへ行くことをお勧めします。
折角の増毛がメンテナンス不足、もしくは何らかの事情により再度施術が必要となってはコストや時間などが大きく犠牲になってしまいます。
その為にも自分が通う専門サロン、もしくは行こうと思っている専門サロンの営業時間やサービスなどの確認はきっちりしておきましょう。

日ごろの髪の毛、増毛のチェック、そして専門サロンへ定期的に通うことが薄毛対策の大きなポイントといえますね。

Read More

増毛や植毛した髪の毛はその後床屋で散髪することができないのか?

0

増毛や植毛をした後、どうしても気になるのは床屋などで散髪ができるかどうかですよね。
中には気軽に散髪ができるかどうかを考え、増毛や植毛に二の足を踏んでいる方もいるでしょう。
またいざ散髪に向かってもできないといわれると恥ずかしい思いもしてしまいます。

そこで今回は増毛、植毛をした方でも床屋で散髪ができるのかどうかを見ていきましょう。
といっても結論から見ていくと、殆どの場合散髪をすることは可能です。
中には断られるケースもあるにはあるようですが、非常にまれでしょう。

しかし床屋で散髪をする場合、デメリットも存在します。
当たり前ですが床屋で散髪をする際、増毛や植毛をしているとその部分に配慮して散髪する必要があります。
床屋で何も言わずに散髪をするとかえって不格好になったり、植毛や増毛をもう一度し直すリスクも出てくるでしょう。

その為まず散髪をする際には増毛や植毛をしていることについて店員に伝えなくてはいけません。
自分が増毛、または植毛をしていることを店員に伝えるのは少し気恥しいですよね。
また、伝えた後で散髪をしてもすべての毛が大丈夫になわけではありません。
例えば増毛の場合、毛にからめるといった特性上どうしても増毛部分の一部を切ってしまうこともあります。

恥ずかしい思いをした上で更に増毛を切られてしまう、これはなかなか堪えるでしょう。
床屋や美容室などではどうしてもこういった事は起きてしまいがちです。

その為、現在ではこういった増毛や植毛をした方専用のクリニックが存在します。
そういったクリニックでは美容室や床屋同様に散髪ができる上に、様々な配慮がなされています。

例えばクリニックで散髪をする際、増毛していることを伝えるときでしょう。
店員はもちろん、周りの客も自分と同じ目的で来ているため気後れすることはありません。
更に店員も増毛や植毛のことをわかっているため最善策をとりつつ散髪をしてくれるでしょう。
こういった事から、床屋で散髪する際にはまず近くにクリニックが無いかを調べることが重要です。
一般の床屋でも散髪をしようと思えばできますが、増毛や植毛を考えるとクリニックを選んだほうが良いでしょう。

しかし中には美容室や床屋でも増毛や植毛の知識がある店舗もあるかもしれません。
もし店で直接聞くことが恥ずかしい場合、電話などであらかじめ確認してからでも良いですね。

床屋や美容室、クリニックのいずれでも自分の増毛、植毛に関してベストの状態を保つ散髪が一番重要でしょう。

Read More

肌の弱い人には接着式増毛は不向き?接着式増毛の基本について知っておこう

0

近年じわじわと進行している薄毛の問題、この対処に増毛や植毛がありますがその中の1つに接着式増毛とよばれる方法があります。
この接着式増毛、何だか字面を見ると肌の弱い人には不向きな気がしてきますよね。

しかしこの増毛法は増毛の中では1番ポピュラーな方法といわれるほど知名度が高い方法です。
そこで今回はこの接着式増毛の基本について調べていきましょう。
まず最初に、接着式増毛の大まかな流れを見ていきましょう。

接着式増毛ではその名の通り、シートを頭皮に張り付けて増毛をする方法です。
この張り付けるシートには人口の毛が植毛されており、自分の好きな場所に張り付けるだけで増毛ができるお手軽さは最大の特徴ですね。

また接着式増毛はその単純さから他の増毛や植毛の技術よりも前に誕生されており、増毛の歴史では一番古い増毛法です。
その為最近では様々な技術による改善なども行われており、今後さらに発展する方法でしょう。
次に接着式増毛のメリットについて見ていきます。

先ほど書いたように接着式増毛ではシートを用いますが、実はこのシートを使用する点が接着式増毛の1番大きなメリットとつながっています。
そのメリット、それは短時間で広範囲、もしくは部分的にも増毛ができる対応力の高さです。

現在ある他の増毛法では、最新技術が使用されているものもありますがその反面時間が非常にかかり、同時にコストも大きいでしょう。
しかし接着式増毛の場合、端的に言ってしまえばシートを張るだけなので非常に時間が少なくて済みます。

また同時に費用も非常に抑えられるため、まずは増毛を試してみたいと思う方にはぴったりの増毛法でしょう。
更に接着シートで増毛することにより、かつらやウィッグのように簡単に外れることがありません。

時間、範囲、効果、コスト、そして耐久性、これらの点では非常に接着式増毛はメリットを持っています。
しかし肌の弱い人に不向きな増毛法としても1番良く言われるのがこの増毛法です。
先ほど書いたように接着シートを使用して増毛をする以上、どうしても肌が弱い方の場合トラブルも少なくありません。
肌の弱い人の場合、接着シートが頭皮を覆う方法のためムレやかぶれが起きるケースも多いといわれています。
接着式増毛は歴史が古く、その特性ゆえにメリットが多くデメリットも非常にわかりやすい増毛法でしょう。
特に1度試してみたい、体験したいと思う方にうってつけの増毛ですね。
最近髪の毛が気になってきた、と思う方は是非1度試してみてはいかがでしょうか。

Read More

結毛式増毛法の特徴や利点と注意すべき欠点を解説します

0

AGA、薄毛などの問題に対し有効な対策の一つに結毛式増毛法と呼ばれる方法があります。
一見結毛式増毛法と聞いても、どんな増毛法かよくわからない方が多いのではないでしょうか。
またいざ増毛をする際でも、どんな特徴や利点があるのかなどの情報はあらかじめ知っておきたい方も多いでしょう。

そこで今回は結毛式増毛法についてどのような特徴や利点があるのか、またどのようなデメリットがあるのかをご紹介します。
まず結毛式増毛法自体の流れについてみていきましょう。
そもそも結毛式増毛法はその字面から朧げに把握している方もいるかもしれませんが、今生えている自分の髪の毛に人工或いは自分の毛を結びつけることにより増毛する方法の1つです。
また大まかな手術等もほとんど不要の場合が多く、時間やコストも植毛に比べれば非常に少なく済むケースが多いでしょう。

ちなみに結毛式増毛法の大まかな流れはこの通りですが、細かい点は増毛のメーカーや業者などで変わってくることも多いです。
様々な業者が行っている増毛の1つで現在の増毛の中では非常に人気の高い増毛法と言えますね。
では次に結毛式増毛法のメリットについてご紹介します。
結毛式増毛法の大きなメリットについては先ほど書いた植毛よりもコストや時間が少ない、また手術をしないため肌のトラブルを招きにくいことが挙げられるでしょう。

ですが中でも一番のメリット、それはすぐに髪の増量が見込める点になります。
例えば地毛植毛などの方法では、地毛を複数回にわたり頭皮へ移植し、さらに成長を待つ必要があります。
しかし結毛式増毛法の場合は髪の毛に結ぶだけなのですぐに増毛ができ、効果を非常に実感しやすいでしょう。
また頭皮に細工をしないため副作用などの心配がない点も特徴ですね。
しかしデメリットも確かに存在してしまいます。
特に結毛式増毛法の場合、メンテナンスがデメリットとして挙げられるでしょう。
髪の毛に直接結ぶという方法のため、髪の毛が伸びた、もしくは抜けたといった場合にはその部分が不自然になってしまいます。

また当然そのような問題がある場合、自分で治すことはできないので専門のサロンへ行く必要があります。
結毛式増毛法は薄毛を根本から治すのではなく、あくまで薄毛のカバーをするものだと知っておくことが重要ですね。
結毛式増毛法はこの様なメリット、デメリットが存在します。
しかし先ほども書いたように現在の増毛法の中では非常に人気な方法の一つであることは間違いありません。
とりあえず薄毛の対策をしてみたい、と思う方にはお勧めできる増毛法ですね。

Read More

人工植毛と自毛植毛を行ううえでそれぞれメリットまとめ

0

近年の大きな問題である薄毛、その対策の1つ植毛には人工植毛と地毛植毛の2種類があります。
増毛や植毛といった言葉は近年よく聞きますが、その種類自体を詳しく知っている方はあまりいないのではないでしょうか。

特に増毛については聞くこともありますが人工植毛や地毛植毛については知らない人も多いでしょう。
そもそも植毛についてですが、植毛は増毛と違い手術で頭皮に文字通り毛を植えていく増毛法です。
人工植毛と地毛植毛の違いはその植える毛の種類であり、手術等に大きな差異はない場合がほとんどです。

そこで今回はこの地毛植毛、人工植毛についてのメリットや違いについて紹介します。
まず最初に地毛植毛から見ていきましょう。
地毛植毛はその名の通り地毛、つまり自分の毛を植毛する方法です。

この増毛法のメリット、それは自分の毛を植えるため頭皮にトラブルが起きにくく、また植えた後も頭皮に定着することで成長が見込めることです。
地毛植毛では後頭部など、薄毛の影響を受けづらい場所や受けていない場所から植毛します。
その為非常に自然な髪形になるのはもちろん、手術による頭皮のトラブルも少ない点が特徴ですね。

また自然に成長し、自然に抜け落ちる様になるのも地毛植毛ならではでしょう。
しかし地毛植毛の場合、髪の毛が成長するのはメリットですがどうしても複数回にわたり手術をする必要があります。
その為長期的に植毛を見据える方に非常にお勧めな植毛といえるでしょう。

次に人工植毛ですが、この植毛のメリットは費用と時間の2つが挙げられます。

地毛植毛では自分の髪の毛を植えるため、先ほど書いたように複数回にわたり手術が必要でした。
しかし人工植毛の場合そのような必要はなく、むしろ人工的な毛のため無尽蔵に植えることができます。
また複数回にわたる手術も必要がなく、地毛を一度取り植えるといった複雑な工程もない為費用も非常に抑えられるでしょう。

ただし地毛植毛と違い、人工的な毛を植えることになるので頭皮のトラブルは多発しやすいといわれています。
ですが近年では技術の向上により、頭皮トラブルを起こしにくい人工の毛も開発されているので今後の発展に期待が持てますね。
この様なメリットのある人工植毛、地毛植毛は共に薄毛の対策として非常に有用でしょう。
ただしどちらとも手術が絡む以上、一定の費用がかかってしまう点は覚えておきましょう。
不安な方は一度費用等について確認するのも良いかもしれません。

増毛などではなく、髪の毛はやはり頭皮から生えているべきだと思う方には非常にお勧めの薄毛対策ですね。

Read More

保険は適用になる?うす網や増毛は保険を使えるのか?それぞれ検証

0

薄毛や増毛には多少なりとも費用がかかりますが、そこで気になるのは保険の使用ができるかどうかですよね。

保険がきく場合はさらに増毛や薄毛の対策にかなり取り組みやすくなるでしょう。
しかし逆に適用されない場合、自分の予算や時間と相談して増毛や薄毛の対策を選択する必要があります。
その為保険の適用は増毛をする、しないにかかわらず非常に重要な情報だといえますね。

そこで今回はこの薄毛の対策や増毛に関して保険が適用されるケース、適用されないケースについてみていきましょう。
まず最初に適用されないケースをご紹介します。
一般的に薄毛や増毛のみを対象とした治療の場合、残念ながら保険は適用外になってしまいます。

例えば最近年、もしくは遺伝などで髪の毛が薄くなり目立ち始めた、こういった方が治療をする場合は基本的に保険の適用外になるでしょう。
詳しい事は省略しますが、これは自由診療に該当するため保険診療のように保険が使えないためですね。

では保険がきかないため高い費用を払うしかないのか、そう思われがちですが実は医療費控除と呼ばれる制度が存在します。

この制度は保険と違うため大まかに説明をしましょう。
この医療費控除の制度は主に治療が目的であること、そして年間の合計治療費が10万円を超える場合に適用されることがあります。
この治療が目的であるという点が特に重要であり、これは医者などでの診断が主な判断材料になるといわれています。

しかし完全に適用される、という訳ではないので日ごろからしっかりと説得する材料を用意しておくことが重要でしょう。
次に保険が適用される場合についてみていきましょう。
保険が適用される場合、それは例えばうつ病などの精神的疾患による脱毛、もしくは身体的な疾患による脱毛が挙げられます。
治療が必要な症状を治療する過程などで脱毛が起きた場合が該当するでしょう。
その為身体的、精神的な疾患になった際は薄毛についても確認しておくと良いですね。

また保険の適用と同時に医療費控除なども合わせて考慮することで、さらに費用や手段の選択が広がるでしょう。
この様に薄毛や増毛には保険が適用される場合、適用されない場合が存在します。
その為自分の薄毛対策や増毛がどのような症状か、この点をあらかじめ確認することが重要でしょう。
また保険が適用されない場合でも費用について心配だと感じる方は一度専門の業者へ確認してみてはいかがでしょうか。

まずは一度増毛や薄毛の対策について調べてみても良いかもしれませんね。

Read More

植毛や増毛の自分に薄毛の部位に合う方法の選び方のコツ

0

今現在薄毛に悩んでいる、もしくは最近薄毛が目立ってきて対策を考えたい、そういった方はまず増毛や植毛を選択するところから始まるでしょう。

ですがここで注意しておきたい点として、増毛と植毛は目的は同じものですが方法は非常に違います。
また増毛と植毛、それぞれで様々な方法があるため、事前に自分がどのように薄毛対策をしたいのかを知っておくことが重要でしょう。

そこで今回は植毛と増毛、自分の薄毛や部位にあう方法の選び方のコツについてみていきましょう。
まず最初に選ぶ前提知識として、増毛と植毛の違いを知らなくてはいけません。
先ほども書いた通り増毛と植毛は方法が異なり、増毛の場合は髪を直接増やす、そして植毛の場合は髪を直接あるいは間接的に増やす方法といえるでしょう。

更に詳しく見ていくと、増毛の場合は自分の髪の毛に細工をして増やす方法が主なため、頭皮に影響を与えない場合がほとんどです。
一方植毛の場合、頭皮に人工もしくは自分の毛を直接植えることにより増毛を目指すので、手術が必要になります。
しかし植毛は髪の毛を植えるという特質上、薄毛の根本的な解決を目指せるケースも少なくはありますが存在します。

ではこの2つ、どのように選んでいけばよいのでしょうか。
この選び方の基準は先ほども書いた通り、増毛と植毛の性質を見る必要があります。

例えば薄毛がこの先心配で、少しずつ予防をしていきたいと思う方の場合は増毛よりも地毛の植毛がお勧めでしょう。
増毛の場合は薄毛をカバーすることができますが、根本的な解決や予防には向いていないためですね。
しかし地毛の植毛の場合は頭皮に地毛を植えることにより、すぐに効果は出ませんが地毛の成長等で長いスパンで薄毛を予防できるでしょう。

逆に今薄毛に悩んでいてすぐにどうにかしたい、そう思う方は増毛がお勧めです。
増毛は施術をすることによりすぐに髪の毛を増やすことができるため、コストや時間は植毛と比べて大幅に少ないです。
植毛の場合は人工もしくは地毛、どちらも手術をする必要があるためその日のうちにすべて改善、といったケースは余りありません。
この様に増毛、植毛の特徴を知ることで自分に合った薄毛の予防を選択できるでしょう。
また部位に関しては増毛、植毛共にほとんどの部分に対応しているため、余り差異はありません。

すぐに増毛したいのか、長いスパンをかけてもいいのか、またどのように改善したいのか、これらを増毛及び植毛の方法と照らし合わせることが選び方のコツといえるでしょう。

Read More
テキストのコピーはできません。